カテゴリ:社会観察( 1 )

人口が確実に減っていく・・・。

日本の人口は、1900年に4,345万人だったのが、1950年に8,320万人へ、さらに2000年には1億2,693万人へと、この100年間に3倍近くまで増加した。だが、このところの少子化で2050年に1億59万人へと約2割減少し、さらには2100年には半減するといわれている。
 人口が減少することは、様々な分野に変化をもたらす。建築分野を見る限り2020年度には政府建設投資が3割ほど、民間住宅建設投資は2割ほど減少するという。これから先10年、この現実を念頭におきつつ住宅産業に取り組まなければ・・・さあ!フンドシを締め直そう。
by aki
[PR]
by fuji-kobo | 2007-01-16 09:41 | 社会観察